今こそ「ゴジラ」!!絶対「Godzilla」!!

こんにちは、ファソラです。

今回は、1954年公開の映画「ゴジラ」と2019年公開の映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」について書きたいと思います!

もう皆さんご存知の「ゴジラ」なので、特筆することも少ないですよね。

日本を代表するといっても過言ではない!っていう「ゴジラ」ですから、ファソラも大好き!

初めて映画が公開されたのは1954年。

白黒映画だし、こういっちゃいけないけど、まだまだ戦後。

映画の中で「長崎の原爆」とか「疎開」などといった言葉も出てきます。

それにしても、この映画は質が高い。

今みたいにCG等の特殊効果がふんだんにあったわけじゃない頃ですから、それを考えると1954年の作品は今の映画よりも凄いっ!

協力が海上保安庁だし。

で、何、このゴジラの声(声?)唸り声か・・・。

いや、今よりもずっと迫力あるし。

どやってその音作ったん?

ゴジラといえば、あの曲!ってなるくらいの挿入曲!

この曲聴くだけで、ゴジラが頭に浮かぶ!いや、ゴジラがこっちに来そうだし!

監督は、本多猪四郎さん。

(関係ないけど、2019年の映画に出てくる芹沢博士の名前は芹沢猪四郎っていいます)

そして、やっぱ、特殊技術は円谷英二さん。カッコいい!特撮の神様!(映画では圓谷さんになっています。本名が圓谷英一さん)

よくこれだけ迫力のある映像が撮れたものです。

ゴジラが破壊した街並みは、ゴジラが・・・、というより何か違うものを想像させてしまって心が痛みます。

家が潰され、橋が落ち、道路が寸断され、人々の心が重く押し潰されていきます。

国会で議員同士で言い合うシーンがありますが、言い合いになったとして、どちらが正しいのかっていうのは難しい判断です。

正しい事、間違った事、それは、事が大きくなればなる程分からなくなっていきます。多数決、人数が多いからだけで判断すると、悲しい事にも繋がっていきます。そんな時、歴史が、あの時はそれが正しい判断だったのか、間違っていたのかを白日の元にさらけ出すのだと思います。

出演者は、宝田明さん。河内桃子さん。

そして、平田昭彦さん、志村喬さん等錚々たるメンバー。

ところで、画面に登場したゴジラの顔。(顔?)

何だか可愛い。素朴なお顔。(素朴なお顔?)

で、2019年の映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は、一言で言って「凄い!」って感じ。

監督はマイケル・ドハティさん。

この映画の脚本にも関わっている才能溢れた方です。

そして、出演者はカイル・チャンドラーさんや、ヴェラ・ファーミガさん。

そして忘れちゃいけない渡辺謙さん。

この渡辺謙さん演じる秘密機関「モナーク」で生物博士として働いている芹沢猪四郎を演じています。彼の父親の芹沢英二の形見の懐中時計を持ち歩いていますが、彼は広島の被爆者という設定です。

そして、1954年と同じ、芹沢博士は自己犠牲となり世界を救います。

この映画で出演している(出演?)モンスター達の中には、お馴染み?のモスラとかいます。モスラを操る装置が出てきますが、昔はちっちゃな双子(ザ・ピーナッツ)が歌で操っていたっけな。(映画「モスラ対ゴジラ」)「モスラ〜や、モスラ〜や」なんて歌ってたね。(えへへ)

ギドラは、3つの頭を持ってたりして良い感じ。

お互いに噛み付いたりしてるし。(兄弟喧嘩みたい)

でも、やっぱ、ゴジラには勝てない。

パワーの違いにギドラも圧倒されてしまいます。

キングなんですよ。ゴジラは。ね!

ゴジラとギドラの楽しい会話

普通の世界。

今まで当たり前だと信じていた世界が一夜にしてひっくり返ってしまう。

ゴジラや他のモンスター達が世界を破壊していく様子は恐ろしいものです。人間の手で敵う相手ではなく、もはや手をこまねいて傍観するしか無くなってしまうという無力感に苛まれるのです。自分が努力してもどうにもならない事に直面するわけです。

悲しみと絶望とどうしようもないやるせなさ。

そんな時、あなたならどうしますか?

でも、きっと、必ず立ち上がることは出来ます。

それは、

ほんの少しの勇気を持つだけ!

モンスター達は、世界を破滅に追い込もうとしますが、人々の心にあるのは、そんな恐怖を打ち負かすほどの「勇気」と「希望」、そして「愛」があります!

ゴジラと仲間達が画面から溢れ出そうになる映画です。

是非、お時間があればご視聴してみたら如何かなって思います。

最後まで読んで頂きありがとう御座いました!

映画「ラブ・アクチュアリー」を面白くお届けっ!

こんにちは、ファソラです。

今日は、クリスマス・イブ!

ということは?

ということは?

やっぱ、クリスマス向けの映画を書くのかって?

そうなんです!やっぱり、クリスマスの日に合った作品を書きたいなって思うわけじゃないですか。

なので、2003年公開の映画「ラブ・アクチュアリー」!

監督、脚本は、映画「ブリジット・ジョーンズ」の脚本を手掛けたリチャード・カーティスさん。

この映画が面白いのって当然だな〜って思いました。

そして、この映画には一体何人の主役級の俳優さん達が出演しているんだってくらい沢山の素晴らしい俳優さんが出ています。

ヒュー・グランドさん、リーアム・ニーソンさん。

マーティン・フリーマンさん。コリン・ファースさん、ローワン・アトキンソンさん等他多数。

ホント、ファソラの大好きな俳優さんたちがこれでもかー!ってくらい観られるっていう、ワクワクドキドキのお楽しみ袋みたいな映画なんです!

さて、この映画って、9個(いや、10個かな?)のお話が入っています。

つまり、9話のラブ・ストーリーが同時進行で動き出し、最後に、みんなが学校のクリスマス・コンサートに集合するっていう面白い脚本です。

イギリスの首相ディビッド役のヒュー・グランドさんが、自分の秘書に恋をしたりします。

小学生の男の子が恋する話は、好きな女の子を飛行場まで追いかけていきます。

彼にとっては初恋なのかな?

初恋って覚えていますか?

甘酸っぱい切なさと、胸がキュンとなる、そんな想いを体験したのを思い出させてくれます。(笑)

で、

ファソラが注目したのは、マーティン・フリーマンさん演じるジョンの話。

彼は、映画の撮影(セックス・シーン)をしているんですが、その相手役のジュディに恋をします。

どう考えても、その姿勢、その、今の2人の体勢で、デートとか誘うかなって感じなんですけどね。(笑)

でも、恋に体勢も姿勢も時間も関係ないんです!

ジョンとジュディは、とっても素敵な、柔らかな想いが通じ合えていて、

きっと、この2人は、幸せになるだろうなって思える恋です。

激しい恋や、穏やかな恋。

相手を見つめるだけで、心が熱くなるような恋。

愛や恋に、これといった決まりはない。

人を好きになる気持ちは愛おしい。

人を愛する気持ちを抑え込むことは出来ない。

コントロール不可!

自分の理性や道徳なんて、どっかに飛んでいってしまいます。

自分ではどうしょうもない感情に、船酔いでもしそうなくらい、ユラユラ揺れてしまう・・・。

儚い恋。

辛い恋。

悲しい恋だってあるでしょう。

でも、

忘れてはいけないのは、相手に対する優しさと思いやり。

そんな気持ちが溢れて・・・、

この映画のラブ・ストーリーには隠れたエッセンスとして漂っている感じです。

にしても、ローワン・アトキンソンさんって、良いっ!

あそこまで、客をイライラさせる事ができるのは彼しかいない!(絶賛の嵐!)

因みに、オリヴィア・ネルソンさん演じるジョアンナが歌った「恋人たちのクリスマス」は素晴らしい!(綺麗な、惚れ惚れとする歌声です)

クリスマスに、ぜひ一度ご鑑賞してみたらいかがかなって思います!

最後まで読んで頂きありがとう御座いました!

メリー・クリスマス!!!

映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を面白く」お届けっ!

こんにちは、ファソラです。

今回は今年2021年公開の映画「ヴェノム・ゼア・ビー・カーネイジ」について書きたいと思います!

この映画は、前作に引き続いての作品なので、「ヴェノム」ファンとしましては待望の映画です。

前作と同じく、主人公はエディ役をトム・ハーディさん。

とかとか、元婚約者のアンとか、ファソラ一押しのキャラで、アンの新しい婚約者役のダン等が出演しています。

ダンは、今回も地味ながら大活躍しています!(ダンのカッコいい活躍ぶりも見どころの1つ?!)

アンは今でもエディのことが好きなんだろうなって思いながらも、ダンの優しさとかで癒されている自分がいるようで、三角関係になっちゃってるわけですから、一作目からの、その後の3人の恋の行方なんていうのも明らかになって面白いです。

この映画は、勿論、SFですし、アクションものですが、コメディの要素がたっぷりです。(いいですね〜!)

で、今回の映画は、ヴェノムのキャラが一作目よりも、更に鮮明にされています。

元々、ヴェノムって、人間っぽかった?ですけど、ペットを可愛いと思う気持ちはあるんだってことが分かりました。鶏、飼ってるんですよ。エディの部屋で。まあ、どうやらヴェノムのご飯の為(頭、食べるらしい)だったけど、ヴェノムは、愛情が湧いてきちゃったみたいで食べれない。

ヴェノム自身で名前まで付けちゃってる。

2羽いる鶏の内の一羽の名前が、

「ソニー」・・・。(SONY?)

そういえば、エディが、やけに、テレビの自慢すると思ったら、テレビの空箱は「ブラビア」?のロゴ・・・。(SONY・・・)(笑)

ホント良いテレビです!(はい)

さて、

脚本では、ヴェノムとエディの喧嘩が結構、大きなウエートを占めてきます。

もはや、兄弟喧嘩。

いや、親友と喧嘩しちゃうような感じかな?

もしヴェノムが女性なら、何だか痴話喧嘩にも見えるし。(笑)

エディに酷いこと言われたヴェノムが、いじけちゃうとこは可愛い!

エディには会いたいし、かといって腹は立つし。

ってことで、エディに謝れっ!って怒るヴェノムは見てて愛しい!(おかしいファソラ)

まあ、とにかく、エディと仲直りしてエディの体に入り込んで、もう一度2人は(2人?)一緒に力を合わせて敵と闘うわけです。

敵・・・、といっても、ヴェノムの一部から発生しているのだから、ヴェノムの子供みたいなものなんですよね。

そうそう、ヴェノムって恋愛とか大好きですから、

まじで、ヴェノムと恋愛ドラマ見ながら、(キャッスルとか)

語り合いたいな〜。(爆笑)

只今、劇場公開中ですので、お時間があれば、一度ご鑑賞になってみたら如何かなと思います。

最後まで読んで頂き有難う御座いました!

映画「ヴェノム」を面白くお届けっ!

こんにちは、ファソラです。

今回は、2018年公開の映画「ヴェノム」について書きたいと思います。

この映画は、マーベル・コミックの「スパイダーマン」のスピンオフとして考えられていたようですので、観てて、どこかスパイダーマンに似てるなと思わせるところが満載です。

「スパイダーマン」だと、手から伸びる蜘蛛の糸のような物が、高層ビルとかを飛び回る手段になってますけど、ヴェノムは人間の体に同化しているので、もっと手軽というか、有効的なやり方で身動きが楽なのかなって思ったりします。

そして「スパイダーマン」は、蜘蛛に噛まれてしまったことからスーパーパワーを持つようになりますが、「ヴェノム」は地球外生命体であるシンビオートが主人公であるエディ・ブロックに寄生してしまい、そこから彼は、彼の意思に関係無く住み込んじゃった(?)ヴェノムと仲良くなって(違うな)地球を守る・・・ことに使命を感じちゃうんです。

このエディの役をなさっているのは、トム・ハーディさん。

この方は、映画「レヴェナント・蘇えりし者」ではアカデミー助演男優賞にノミネートされたり、他にも色々受賞されている俳優さんです。

すっごく二枚目ってわけじゃないですが(うわっ!ごめんなさい!)親しみのある優しい感じの俳優さんですね。(褒めているんです・・・!)

さて、

もう1人の主人公(?)である、ヴェノムさんですが、(さん?)彼曰く(彼?)地球に来たのは食事の為だったそうな。

人間は彼らのご飯なんですよね。

大体、人間を頭からパクッと大きな口で食べるようですので、食べられてしまう立場の方といたしましては、極端に拒否をさせてもらいたいなって切実にお願いしたくなるわけです。

でも、ヴェノムは、人間を無闇に食べるのを中断するんです。

それは、エディが、そうさせたらしいんですよね。

宇宙人にも色々と階級というか、差別みたいなのがあるんでしょうか?

因みにヴェノムは、自分のことを負け犬だって言ってます。

宇宙人も悩んだりするんですね。

でも、

ヴェノムって、英語が上手い。(多分、どの言語もパーフェクト)

ヴェノムって、恋愛に詳しい。(一度、恋愛について彼と語り合いたい)

ヴェノムって、笑いのセンスがある。(本人は笑わせようとは考えてないだろうけど)

ヴェノムって、怒ると怖い。(特に、寄生虫とかって言葉は禁句)

ヴェノムって、友人を命懸けで守ろうとする。(エディのことがめちゃ好き)

ってことで、何だか、人間っぽい。

いや、人間より人間っぽい。

脚本、上手いですね〜!

キャラ設定、上手すぎ!

で、いつもファソラは主人公以外のことに目が行きやすいので、この映画も、1人、面白いって人見つけちゃいました。

ってか、こんな人、もしいたら、いいんじゃない?っていう感じですかね。

それは、エディと別れた元婚約者のアニーが付き合いだした外科医のダン・ルイス。

はっきりいって、そんなにパッと輝くタイプじゃないけど、(ごめん)何というか、こんな人だったら付き合ってても楽しいだろうなって感じの人。

自分が付き合いだした女性の前に、別れたとはいえ、元の婚約者がちょくちょく現れても動じない。

というか、どっちかというと、真剣に彼の心配をしててくれる。

いい人だな〜。

アニーも、何だかんだって、エディを助けようとするんだから、もしかしたら、エディには、そういういい人タイプを惹きつけるものがあるのかな?

悪人しか食べないってヴェノムはエディと約束したけど、どうやって悪人って分かるのかな?(フィーリング?)

良い人、悪い人を見分けるのって、そう簡単に一筋縄じゃ行かない気がしますが、どうなんでしょうね?

良さそうに見える人が実はとんでもなく悪い人だったり、逆にとんでもなく悪そうな人が実際は心の綺麗な人だったりするわけですから。

SFとして、アクションとして、そしてコメディとしても観られる面白い映画だと思いますので、お時間があったら是非一度ご鑑賞してみたらいかがでしょうか?

最後まで読んで頂き有難う御座いました!

こんにちは、ファソラです

映画やドラマについて書こう!

以前書いていた時と同じように書けば良いんだしって思いながらも、中々書けない状況だったりしてましたが、そんなヤワな姿勢じゃダメだわなって思い直し、書き始めることにしました。

書きたいことはいっぱいあるんです!

で、

まあ、最初だからって気合い入れて何か面白いものをって色々考えてたら、段々、深い森の中を彷徨っている子猫・・・(そんな可愛いものじゃないって?)に、なってしまっているファソラです。(えへへ)

なので、これからどんどんと映画やドラマについて面白く書いていきたいなって思っています!

ファソラは、コメディやSF、ミステリーものが大好き。

勿論、怖ーい作品も観たりします。(なるべく、寝る前はやめておこうと固く心に誓っております。トイレが困るので・・・)

ミステリーといえば、クリスティ。

ファソラは大のアガサ・クリスティファン。

ポアロが亡くなってしまった「カーテン」を読んだときは寂しさと悲しさが入り混じった気持ちになったのを覚えています。

ワクワクしながら時間が経つのも忘れて読んだクリスティの時間は今考えると贅沢な時だったんでしょうね。

そんなクリスティの作品は各国で映画化されたりドラマ化されたりしています。

いつか、そんなお話も書いてみたいなって思っています。

最後に、

SFなんですが、

ドラマでね、

やっぱ、今まで見た中で一番面白かったんじゃないかなっていうのは、

「オールモスト・ヒューマン」

あっさり終わっちゃったドラマなので、あんまり覚えている方はいないだろうとは思いますが、SFに笑いをたっぷり入れてくれてて、ファソラは大好きなドラマ。

これも、また、書きたくなっちゃう・・・。(昔書いたのでやめとこうかな・・・うーん、残念)

そんなこんなで、またまた書き始めますので、どうぞよろしくお願いします!

最後まで読んで頂き有難うございました!