映画「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」を面白く」お届けっ!

こんにちは、ファソラです。

今回は今年2021年公開の映画「ヴェノム・ゼア・ビー・カーネイジ」について書きたいと思います!

この映画は、前作に引き続いての作品なので、「ヴェノム」ファンとしましては待望の映画です。

前作と同じく、主人公はエディ役をトム・ハーディさん。

とかとか、元婚約者のアンとか、ファソラ一押しのキャラで、アンの新しい婚約者役のダン等が出演しています。

ダンは、今回も地味ながら大活躍しています!(ダンのカッコいい活躍ぶりも見どころの1つ?!)

アンは今でもエディのことが好きなんだろうなって思いながらも、ダンの優しさとかで癒されている自分がいるようで、三角関係になっちゃってるわけですから、一作目からの、その後の3人の恋の行方なんていうのも明らかになって面白いです。

この映画は、勿論、SFですし、アクションものですが、コメディの要素がたっぷりです。(いいですね〜!)

で、今回の映画は、ヴェノムのキャラが一作目よりも、更に鮮明にされています。

元々、ヴェノムって、人間っぽかった?ですけど、ペットを可愛いと思う気持ちはあるんだってことが分かりました。鶏、飼ってるんですよ。エディの部屋で。まあ、どうやらヴェノムのご飯の為(頭、食べるらしい)だったけど、ヴェノムは、愛情が湧いてきちゃったみたいで食べれない。

ヴェノム自身で名前まで付けちゃってる。

2羽いる鶏の内の一羽の名前が、

「ソニー」・・・。(SONY?)

そういえば、エディが、やけに、テレビの自慢すると思ったら、テレビの空箱は「ブラビア」?のロゴ・・・。(SONY・・・)(笑)

ホント良いテレビです!(はい)

さて、

脚本では、ヴェノムとエディの喧嘩が結構、大きなウエートを占めてきます。

もはや、兄弟喧嘩。

いや、親友と喧嘩しちゃうような感じかな?

もしヴェノムが女性なら、何だか痴話喧嘩にも見えるし。(笑)

エディに酷いこと言われたヴェノムが、いじけちゃうとこは可愛い!

エディには会いたいし、かといって腹は立つし。

ってことで、エディに謝れっ!って怒るヴェノムは見てて愛しい!(おかしいファソラ)

まあ、とにかく、エディと仲直りしてエディの体に入り込んで、もう一度2人は(2人?)一緒に力を合わせて敵と闘うわけです。

敵・・・、といっても、ヴェノムの一部から発生しているのだから、ヴェノムの子供みたいなものなんですよね。

そうそう、ヴェノムって恋愛とか大好きですから、

まじで、ヴェノムと恋愛ドラマ見ながら、(キャッスルとか)

語り合いたいな〜。(爆笑)

只今、劇場公開中ですので、お時間があれば、一度ご鑑賞になってみたら如何かなと思います。

最後まで読んで頂き有難う御座いました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です